薬を持っている様子

性病とは性感染症とも言うことからも分かるように、性行為によって病原体が媒介されてしまうことで生じる感染症です。性器周辺に症状を示すものから、無症状で進行して気が付けばとんでもない病状になっているものなど実に様々な種類の性病が存在しているのをご存知でしょうか。病原体を持っているヒトから病原体を貰うことで性病に感染することになりますが、性病が伝染してしまう原因を知って適切に対策をすれば、性病に感染するリスクを引き下げることが出来ます。

まず、コンドームをしない性交の場合は、性器どうしが直接に接触するため病原体をやり取りするリスクが高まります。梅毒やエイズウイルスなど、重篤な後遺症を残す可能性を持った恐ろしい性病に関しても感染を予防できるので、非常に効果的な感染予防法です。コンドーム以外の避妊法であれば、性器どうしの接触を阻めず、避妊は出来ても感染予防は出来ないため、感染症が気になるのであれば積極的にコンドームの使用をしましょう。正しい使用法でなければ避妊効果も感染予防作用も半減してしまいますので、パートナーと今一度コンドームの使い方を確認したほうがいいのかもしれません。

また、どのような相手と性交を行うか、という点も性病を考える上では重要なポイントです。不特定多数との性交がある場合、そのパートナーたちのいずれかが性病を持っていた場合には感染してしまいますし、クラミジアなど自覚症状が少ない病原体によって起こった感染症であれば、知らずに自分が性病を広めてしまっているかもしれません。実は、性感染症がなかなか根絶できない原因が、この不特定多数と性交を行うという形での感染拡大だと言われています。性感染症を持っていない、と断言できるパートナーとのみ性交を行うことが、やがて自分の身を感染から守ることになるのです。

性感染症の中には、確かに性器や子宮などの臓器にのみ影響を与えるようなものも存在します。しかし、多くの病原体は同時に口腔などの粘膜にも感染できる能力を持っているため、オーラルセックスやアナルセックスでも性器どうしの接触と同様かそれ以上の感染予防策を取らなくては性病を貰ってしまう可能性があるのです。特に、アナルセックスはエイズウイルスが伝播している原因のひとつと目されています。そのため、性器どうしの接触を伴わない性行為でもコンドームの着用は必要である、と言えるでしょう。性感を損なうから、と応じない男性とはいかなる性行為もしない、という意思表示が重要です。